リオデジャネイロ五輪レスリング女子63キロ級決勝 ベラルーシ選手を破り金メダルを獲得し、日の丸を掲げ笑顔の川井梨紗子=リオデジャネイロ(共同)

 【リオデジャネイロ共同】リオデジャネイロ五輪第14日の18日、レスリング女子63キロ級決勝で、初出場の川井梨紗子(21)=至学館大=がマリア・ママシュク(ベラルーシ)を判定で破り、金メダルを獲得した。今大会の日本選手団の「金」は12個となった。

 レスリングの日本女子は、48キロ級で登坂絵莉(22)=東新住建、58キロ級で伊調馨(32)=ALSOK、69キロ級で土性沙羅(21)=至学館大=が優勝しており、全6階級のうち4階級を制覇した。53キロ級の吉田沙保里(33)の「銀」を合わせ、メダルは5個になった。

 川井は本来の58キロ級から階級を移して2015年世界選手権で準優勝し、代表切符をつかんだ。登坂、土性とともに20年東京五輪で活躍が期待されるホープがまた一人、大輪の花を咲かせた。

関連記事
あわせて読みたい