【リオデジャネイロ共同】リオデジャネイロ五輪第14日の18日、レスリング女子53キロ級決勝で吉田沙保里(33)が、昨年の世界選手権55キロ級を制したヘレン・マルーリス(米国)に判定で敗れ、銀メダルだった。前日に58キロ級の伊調馨(32)=ALSOK=が成し遂げた五輪4連覇はならなかった。

 吉田は近年、得意のタックルを研究され、苦戦が予想されていた。13連覇中の世界選手権と五輪と合わせた連続世界一の記録は「16」でストップした。

関連記事
あわせて読みたい