初代お父さんのカイくん。2010年に故郷は福井県福井市の一乗谷との設定でCMが撮影された。

白い犬のお父さんは一乗谷朝倉氏遺跡をPRする観光イメージアップポスターにも起用された=2015年4月に福井市役所で開かれたポスター展から

 ソフトバンクのテレビCMの初代「お父さん」で老衰のため6月28日に死んだ北海道犬のカイくん。CMの設定は「お父さん」の生まれ故郷は福井県福井市の一乗谷朝倉氏遺跡だった。2010年冬に真っ白に雪化粧した同遺跡でカイくんたちのロケが行われたことで話題を呼び、同遺跡の観光客増にも一役買った。

 カイくんは2007年から始まったCMで白戸家の白い犬のお父さんとして活躍。犬にもかかわらず、人間の言葉を話す不思議なキャラクターで人気を集めた。

 同遺跡でメーンの撮影が行われたのは2010年1月16日から3日間。雪化粧した同遺跡の復原町並や一乗谷川沿いなどを舞台に、お父さん役としてカイ君、妻役の女優樋口可南子さんらが撮影に臨んだ。

 撮影には福井市のほか、地元の一乗、東郷地区も協力。市は総勢100人に上ったスタッフのホテルやバスの手配などを支え、一乗地区の朝倉氏遺跡保存協会や東郷地区の東郷ふるさとおこし協議会は、食事の提供や撮影に伴う除雪などに全面的に協力した。

 ロケ地としての抜てきは、ソフトバンクのCMを手掛けるクリエイティブディレクターの佐々木宏さんに福井市が同遺跡の観光ポスター制作を依頼したことがきっかけとなった。ポスター制作のために何度も同遺跡を訪れていた佐々木さんが「『ホワイト学割』という料金プランの設定のため、一乗谷の雪景色がきれいだろうと想像できた。全国各地を撮影場所として検討した中で総合的に判断した」という。

 CMの一連のストーリーの中で、犬のお父さんは一乗谷出身と明かされた。

 2011年にはお父さんが里山の実家に帰省したとの設定で新たな夏編のCMが放映され同遺跡の観光客が急増した。同遺跡の観光ポスターにも登場した。

 現在はカイくんの息子のカイトくんとカイキくんがお父さんとして、CMに出演している。

関連記事