リオデジャネイロ五輪バドミントン女子シングルス1次リーグ初戦で必死にプレーする山口茜=リオデジャネイロ

 リオデジャネイロ五輪バドミントン女子シングルスの1次リーグK組の試合が13日、行われた。山口茜(福井県立勝山高出身、再春館製薬所)が初戦で戦った世界ランキング49位のクリスティナ・ガフンホルト(チェコ)と世界29位のティー・ジンイ(マレーシア)が対戦し、ティーが2—0(22—20、21—15)で勝利した。

 この結果、山口とティーが1勝でK組1位で並び、クリスティナの予選敗退が決まった。山口とティーは日本時間14日午後8時半からトーナメント戦進出(13強)をかけて戦う。

関連記事
あわせて読みたい