団体が行われ、女子で2012年ロンドン五輪銀メダルの日本は準々決勝でオーストリアを3—0で下し、3連覇を目指す中国とともに4強入りした。男子で日本は1回戦でポーランドに3—2で勝って8強入りし、14日の準々決勝で香港と対戦する。

 女子はシングルスの福原愛(ANA)石川佳純(全農)とダブルスの福原、伊藤美誠(スターツ)組で3連勝した。男子はシングルスの吉村真晴(名古屋ダイハツ)水谷隼(ビーコン・ラボ)が連勝したが、ダブルスの丹羽孝希(明大)吉村組、シングルスの丹羽が連敗し、第5試合のシングルスで水谷がグラクを退けた。(共同)

関連記事
あわせて読みたい