福井―石川 3回石川1死二塁、荒道好貴の悪送球の間にシリアコ(中央)の生還を許し、2-0とされる=11日、福井県越前市の丹南総合公園野球場

 ルートインBCリーグ、西地区最下位の福井ミラクルエレファンツは11日、福井県越前市の丹南総合公園野球場で石川戦(越前市・マクドナルド協賛)を行い、5−10で2連敗した。後期通算9勝13敗1分け。次戦は12日、石川県立野球場で石川と対戦する。

 石川 011 500 003…10
 福井 000 500 000…5

 【評】福井は5投手をつぎ込み17安打10失点。野手陣の2失策も失点に絡み、2連敗した。

 先発イム・テフンは二回、1死一、二塁から適時二塁打で先制された。三回は二塁打で1死二塁とされ、遊撃荒道好貴の三塁悪送球で失点。四回も失策が絡んで2死二塁とされ、5連打で5失点し降板した。九回に継投した内藤久文は、1死から4連打と犠飛で3失点し、試合を決められた。

 打線は7点を追う四回、2死から3連打で2点を返した。なお振り逃げなどで2死満塁とし、暴投や栗田茂樹の2点適時打でこの回計5点を挙げた。しかし、六回以降は得点圏にすら走者を置けなかった。

関連記事
あわせて読みたい