福井県福井市の野中キリさん=当時(76)=が今年3月に刺殺された事件で、福井地検は6月28日、県警福井南署が殺人の疑いで現行犯逮捕、送検した、息子で飲食業の男性(49)を不起訴とした。「精神鑑定などの結果を踏まえ、犯行当時は心神喪失状態にあったと判断した。刑事責任能力は問えない」と理由を説明。地検は心神喪失者医療観察法に基づき、福井地裁に審判を申し立て、男性は28日付で鑑定入院となった。

 地検などによると、男性は3月13日、福井市内の自宅兼店舗で、同居していた母親のキリさんの胸部を模造刀で刺すなどして殺害。犯行後、自分で110番通報した。

 キリさんは事件の1週間ほど前、息子の言動が「急におかしくなった」と知人に話していたらしい。地検は3月26日から6月21日までの約3カ月間、鑑定留置していた。

関連記事
あわせて読みたい