男子サーブル個人1回戦 フランス選手(右)に敗れた徳南堅太=リオデジャネイロ

 リオデジャネイロ五輪第6日(10日)、フェンシング男子サーブル個人で福井・武生商業高出身の徳南堅太(デロイトトーマツコンサルティング)はバンサン・アンステット(フランス)と1回戦を戦い、13—15で敗れた。

 ■徳南堅太の話 全く通用しない感じではない。最後は自分のコントロールが利かなかった。出しちゃ駄目な欲が出た。4年後のスタートは今始まった。東京五輪でメダルを取りたい。(共同)

関連記事
あわせて読みたい