ウェザーニューズ提供

 真夏の夜の風物詩「ペルセウス座流星群」は8月12日夜から13日にかけてピークを迎える。気象情報会社ウェザーニューズ(千葉市)などによると、出現数やピークのタイミングといった条件が良く、当日は全国的によく晴れる見込みで絶好の観測日和となりそうだ。

 今年のペルセウス座流星群の出現のピークは12日夜から13日未明。国立天文台によると、条件がよければ1時間あたりに40個以上の流星を見ることができるという。ペルセウス座は12日午後9時ごろから北東の空に現れはじめ、深夜には空高くに昇るため、観測は午後9時以降がよさそうで、月が沈んで月明かりがなくなる13日午前0時過ぎが最も観測に適している。

 同社によると12日夜の福井県地方の天気は、高気圧に覆われて晴れる見込み。山沿いではゲリラ雷雨が心配されるが、夜遅い時間ほど天気は回復して流星を見られるチャンスが増えると予想している。流星群は放射点を中心に四方八方に現れるため、周囲が開けた場所で夜空全体を眺めるように観測するのがよいという。

関連記事
あわせて読みたい