福井―福島 5回1死一塁、福島のボウカー(左)に逆転2ランを浴びる福井の先発佐々木勝一=9日、福井県営球場

 ルートインBCリーグ、西地区最下位の福井ミラクルエレファンツは9日、福井県営球場で福島と対戦し2−6で敗れた。後期通算9勝12敗1分けとし、3位信濃とのゲーム差は1に広がった。次戦は11日午後6時から、福井県越前市の丹南総合公園野球場で西地区首位石川と対戦する。

 福島
 010 022 100…6
 101 000 000…2
 福井

 【評】福井は投打で中盤以降に失速。5投手で12安打を許し、逆転負けした。

 打線は一回、頼の内野安打や盗塁で2死三塁とし、3連続四球で労せず先制。同点とされた三回は、頼の内野安打などで2死二塁とし、甲川稔の右前打で勝ち越した。しかし、四回以降は得点圏に1度しか進められず、力尽きた。

 先発佐々木勝一は2−1の五回、1死一塁から4番ボウカーに2ランを浴びて逆転された。六回に継投した藤野剛志は連続四球で降板。輝も四球で2死満塁とされ、押し出しの四球が暴投となり2失点した。藤井徳馬は2回無失点。

関連記事
あわせて読みたい