【10年前のきょう・2008年6月28日】「漁業就業フェア2008inふくい」が二十八日、福井市のアオッサで開かれ、漁師の仕事に関心のある若者らが漁業の現状などについて説明を受けた。

 全国漁業就業者確保育成センター(本部・東京)が漁業人口の増加を目指し、今年から地方都市でも開くことにした。本県初となったフェアには高校生や若者、人材を求めている漁協の担当者ら十五人が参加した。

関連記事