若狭路へのドライブをPRするキャンペーン隊=6月26日、福井新聞社

 福井県嶺南地域の旅館やホテルの女将でつくる「若狭路女将の会 わかさ会」などのキャンペーン隊が6月26日、福井新聞社を訪れ、愛知、岐阜、滋賀各県から嶺南の高速道路が定額で乗り放題になる「若狭路ドライブプラン」をPRした。

 プランは、中日本高速道路と連携し、27日から利用できる。名神高速道路、東海北陸自動車道、東海環状自動車道の3県の一部区間が発着エリア。乗用車8600円、軽乗用車など7400円で、嶺南の北陸自動車道(米原―敦賀インターチェンジ)と舞鶴若狭自動車道(大飯高浜インターチェンジ―敦賀ジャンクション)が2日間乗り放題になる。前日までの申し込みが必要。嶺南の160店以上で使える3千円分の買い物券が付いている。

 7月1日からは、嶺南の観光施設や福井国体の競技会場になっている体育施設の計47カ所を対象にスタンプラリーも展開する。

 わかさ会の藤原秀美会長、若狭おばまキララメイツの永吉みなみさんら5人が来社し、「中京からの利用者に、若狭路を周遊してもらい、透明度の高い海など各地の魅力に触れてほしい」とアピールした。問い合わせは、県嶺南振興局若狭観光・地域振興室=電話0770(56)2212。

関連記事