ユニークな“たけしワールド”が広がる「アートたけし展」=金沢市の金沢21世紀美術館

 映画監督や俳優としても評価が高い、お笑い芸人のビートたけしさんの作品展「アートたけし展」が、金沢市の金沢21世紀美術館で開かれている。ユニークな“たけしワールド”が感じられる絵画や版画など約110点が並ぶ。28日まで。

 たけしさんが大好きな車や不思議な人物を描いた絵画をはじめ、カメラを持ったおじさんがプールの中を動き回り、美女がプールサイドにたたずむ大きな作品や、時計の部品をバラバラにして並べたコラージュが目を引く。

 ネコタクシーの立体作品と記念撮影できるコーナーは子どもたちの人気を集めている。どの作品もたけしさん独自の発想と感性があふれ、来場者を楽しませている。

 1997年のベネチア国際映画祭で北野武監督が「HANA—BI」で受賞した金獅子賞や、2010年に仏政府から授与された芸術文化勲章の最高章コマンドール章も展示されている。

 入場料は大人千円、中高生800円、小学生600円。問い合わせは北國新聞社事業局=電話076(260)3581。

関連記事
あわせて読みたい