【10年前のきょう・2008年6月27日】国立教育政策研究所は二十七日、小学六年と中学三年の計約一万六千人を対象に昨年一、二月にテスト形式で実施した社会の「特定課題調査」の結果を公表した。列島の白地図から全四十七都道府県の位置を選ぶ小六の問題で平均正答率は54・7%。福井や徳島、宮崎、島根の位置を間違えた児童が六割に上った。

関連記事