午前中から30度を超え今年の最高気温を記録している福井市の空。太陽の周りに光の輪を描く暈(かさ)が出現した。=6月26日

 福井地方気象台は6月26日、県内では日中の気温が35度以上となるところがあるとして熱中症など健康管理に注意するよう呼び掛けている。

 同気象台によると同日の予想最高気温は福井市35度、敦賀市33度、大野市33度などとしている。

 福井市で30度以上の時間帯は、午前10時ごろから午後7時ごろまで、敦賀市では午前11時ごろから午後6時ごろまで熱中症の危険が特に高くなるとしている。

 気象庁のホームページによると福井市では正午までに32・4度、坂井市春江で32.7度と今年の最高気温を記録するなど各地で気温が上昇している。

 外出時や屋外での作業時、高齢者や乳幼児、体調のすぐれない人がいる家庭などでは水分をこまめに補給し塩分の補給、カーテンで日射を遮る、冷房を適切に利用し室温に留意するなど熱中症に対して充分な対策をとるよう呼び掛けている。

関連記事