水しぶきを上げて遊ぶ園児たち=6月25日、福井県福井市の報徳幼稚園

 青い空、冷たい水、夏はすぐそこ-。福井県福井市手寄1丁目の報徳幼稚園で6月25日、プール開きがあった。この日の同市の最高気温は31・7度と今年最高の暑さを記録する絶好のプール日和。園児たちは歓声を上げて水遊びを楽しんだ。

 同園では、毎年8月末ごろまで、プールで水に触れる時間を取り入れている。プールでは、水遊びのほか、年齢に合わせてバタ足などの基本動作の指導も行っている。

 この日は、全園児約40人が、プールでの約束事を確認した後、午前と午後に分かれてプールに入った。

 午前中は、年中組以下の園児がプールへ。水着に着替え、シャワーを浴びて入水すると「冷たーい」「きゃー」と大はしゃぎ。水を掛け合ったり、滑り台を楽しんだりしていた。酒井翔大ちゃん(4)は「水が冷たくて気持ちよかった。滑り台が楽しかった」と笑顔で話していた。

 
関連記事
あわせて読みたい