福井―ソフトバンク 7回1失点で好投した福井先発の浜田俊之=27日、福井フェニックススタジアム

 ルートインBCリーグの福井ミラクルエレファンツは27日、福井市の福井フェニックススタジアムでソフトバンク3軍戦(王子グループ協賛)を行い、11−1で大勝し今季初の4連勝を飾った。後期通算7勝8敗とし、福井より消化が3試合少ない富山を抜いて西地区3位に浮上した。福井はこの日から5連戦。残り4試合は敵地で戦う。

 ソフトバンク 
 100 000  000…1
 000 0011 00×…11
 福井

 福井は、ソフトバンク投手陣の大乱調で六回に大量11得点を挙げ、大勝した。

 先発浜田俊之は一回、二塁打などで1死三塁とされ、栗原陵矢(福井・旧春江工業高出身)に中前打を浴びて先制点を献上。二回以降は球が低めに集まり、打たせて取って7回を最少失点に抑えた。八回以降は藤野剛志、藤井徳馬が無失点リレーし、反撃の糸口すら与えなかった。

 打線は五回まで毎回走者を出すも無得点。しかし六回、先頭森亮太の内野安打や2四球などで1死満塁とし、この回2度目のボークで同点。ここから5四球や敵失、浜崎裕太の3点三塁打など打者15人を送って11得点し、試合の大勢を決めた。

関連記事
あわせて読みたい