北信越リーグ1部でプレーするサウルコス福井のFW松尾篤=福井県坂井市のテクノポート福井スタジアム

 頼れるストライカーがチームふくいに加わった。サッカー成年男子の主体チームとなるサウルコス福井のエースFW松尾篤(サウルコス福井)。福井に来て3年目を迎え、福井県代表の資格を得た。出身地の福岡県北九州市に似ている大好きな福井のためにも「期待に応えたい」と活躍を誓う。

 ボールへの反応、飛び出すタイミングにたける。ボールタッチの技術を磨き、貪欲にゴールを追い求める。チームの勝利も大事だが、自分も活躍したい。昨季は北信越リーグ1部で新記録の25得点を決めた。だが「自分はもっと点を取れる」と満足することはない。

 サッカーを始めたのは4歳のころ。兄の影響だった。小学校時代、得点を決めると「親や監督が喜んでくれて、みんなが笑顔で駆け寄ってくれた。魅力にとりつかれた」。これが原点だ。

 J2長崎では出場機会に恵まれず苦しんだ時期もあった。でも腐らずトップ選手に積極的に話しかけた。学べるものはどんどん吸収しようとする向上心も強さを支える。

 ジムにランニング、治療…。趣味のカフェ巡りでもサッカーの動画を見る。オフでもサッカーのことばかりを考える日々だ。

 本国体は初めての出場。そのチャンスに巡り合えたことをうれしく思う。「勝ち上がることは簡単ではないが、すごく楽しみ」と本番を心待ちにする。

  ×  ×  × 

 福井国体で天皇杯(男女総合優勝)獲得を目指すチームふくい。各競技の新戦力を紹介する。

 ■松尾篤(まつお・あつし) 福岡県北九州市出身。2012年、日本文理大からJFL(現J2)のV・ファーレン長崎に入団。昇格してJ2でプレー後、北信越リーグ1部のJAPANサッカーカレッジ、JFL(現J3)アスルクラロ沼津への期限付き移籍を経て、16年、サウルコス福井に完全移籍。身長177センチ、体重69キロ。28歳。

坂井市
笑顔で暮らせるまち
【編集部が勝手にオススメ】▽観光 丸岡城、東尋坊、三国花火▽味覚 越前がに、辛…
サッカー
1チームは11人編成。競技時間は、前・後半35分ずつで、10分のハーフタイム。…
サッカー
関連記事