刃物を持った男が侵入し、多数の死傷者が出た障害者施設「津久井やまゆり園」で対応する救急隊員や関係者=26日午前7時10分、相模原市緑区(共同通信社ヘリから)

 26日午前2時半ごろ、相模原市緑区の障害者施設「津久井やまゆり園」に「刃物を持った男が侵入してきた」と神奈川県警に通報があった。警察当局によると、少なくとも19人が刺されるなどして死亡。相模原市消防局によると、ほかに25人が負傷し、20人が重傷、残る5人が比較的軽傷とみられる。

 県警によると、午前3時ごろ、津久井署に「私がやりました」と男が出頭した。県警は殺人未遂と建造物侵入の疑いで、植松聖容疑者(26)を逮捕した。刃物は持っておらず「やつをやった」と話したという。自身について「施設の元職員で相模原市在住」と称している。県警は、詳しい経緯や動機を調べ、事件の全容解明を進める。

 神奈川県によると、同園の定員は160人で、4月末時点で、19〜75歳の149人が長期滞在していた。うち約40人が60歳以上とみられる。消防は救急隊29隊を出動させ、けがの程度で搬送の優先順位を判断するトリアージを行い、救命活動を続けている。

 同園のホームページなどによると、園は神奈川県が設置し、社会福祉法人「かながわ共同会」が運営している。敷地面積は約3万平方メートル。東西に分かれた居住棟のほか、作業棟もある。

 現場はJR中央線の相模湖駅から東へ約2キロ。山に囲まれた住宅地で、近くに市立小学校もある。

関連記事
あわせて読みたい