第98回全国高校野球選手権福井大会準決勝・福井商業―奥越明成 初回、先制のホームを踏む奥越明成・清水達哉=25日、福井県営球場

 第98回全国高校野球選手権福井大会第7日の25日、福井市の県営球場で準決勝が行われている。第1試合の福井商業—奥越明成戦は五回を終えて3—2で福井商業がリードしている。

 奥越明成は初回、1番清水達哉が左中間二塁打で出塁。2死三塁で4番小柳隆介がレフト前にタイムリーヒットを放って1点を先制した。四回は、6番寺島海渡の右中間への三塁打と、続く7番山俊也のライト前ヒットで1点を追加した。

 福井商業は五回、四球と送球エラー、ワイルドピッチなどノーヒットで2点を挙げ同点に追いつき、さらに2番武藤達哉のライト前タイムリーヒットで1点を加え、逆転に成功した。

関連記事
あわせて読みたい