福井―富山 7回を3安打無失点に抑えた福井の先発イム・テフン=24日、福井県越前市の丹南総合公園野球場

 ルートインBCリーグ、西地区最下位の福井ミラクルエレファンツは24日、福井県越前市の丹南総合公園野球場で富山戦(福井県鯖江市協賛)を行い、9−3で後期初の3連勝。後期通算6勝8敗とし、3位富山とのゲーム差を0・5に縮めた。次戦は27日午後6時から、福井市の福井フェニックススタジアムでソフトバンク(3軍)と対戦する。

 富山
 000 000 030…3
 024 100 02×…9
 福井

 【評】福井は投打ががっちりかみ合い3連勝。打線は2桁安打で9得点、先発イム・テフンも7回無失点の力投で快勝した。

 打線は2−0の三回、1死一、三塁から敵失や栗田茂樹の中前打で2得点。なお2死一塁機で荒道好貴が7号2ランを放ち計4点を挙げた。四回は、高柳翔宇の安打や四球で2死一、二塁とし、中溝雄也が適時二塁打。八回もエンドランなどで2点を追加し、最後まで攻撃の手を緩めなかった。

 先発イムは緩急がさえて散発3安打、無失点で5勝目。八回に継投した浜岡秀輔は、四球や安打で2死一、三塁とされ、連打を浴びて3失点。九回は内藤久文が3人で抑えた。

関連記事
あわせて読みたい