第98回全国高校野球選手権福井大会第7日の準決勝は25日、第1試合で福井商業と奥越明成、第2試合で北陸と坂井が対戦する。今大会はセンバツに出場した福井工大福井と敦賀気比をはじめ、啓新、美方のシード4校が敗れる波乱続き。決勝に名乗りをあげる2校は果たしてどこか。

 福井商業は1、2回戦と準々決勝、打力の高さを見せつけ夏は優勝した2013年以来3年ぶりの4強入り。準決勝も4番関龍摩を中心とした好機を逃さぬ猛攻を見せられるか。対する奥越明成は初の決勝進出を狙う。エース笠羽淳友が準々決勝の対美方戦、被安打3で完封するなど3戦計24イニングで失点ゼロと見事な投球を続けている。守備も1失策と安定、もり立てている。

 第2試合は啓新との接戦を制し勝ち上がった北陸と、2回戦で敦賀気比を延長十五回の激闘の末下し勢いがある坂井が対戦する。

 北陸は3戦すべてで先制、競り勝ってきた。投手陣は水野隼斗と本多拓生の左二枚が継投して打たせて取るピッチングで打線にリズムをもたらせている。坂井は2回戦の勢いそのままに準々決勝で若狭を7回コールドで下した。初の決勝進出へ投打が噛み合っている。

 準決勝は福井県営球場で第1試合午前10時、第2試合は午後1時試合開始予定。

 ■全試合打席ごとにD刊で詳しく速報

 福井新聞社は、有料電子新聞「福井新聞D刊」と携帯サイト「福井新聞モバイル」で全国高校野球選手権福井大会の全試合を打席ごとに詳しく速報する。プレー写真も随時掲載する。

 閲覧には会員登録が必要。申し込み方法は、インターネットで「福井新聞D刊」を検索。ホームページ「福井新聞オンライン」では全試合のイニング速報のみ公開する。

関連記事
あわせて読みたい