日本酒しゃぶしゃぶ専門店を出店した源平酒造の萩原敦士社長=東京都中央区銀座6丁目

 源平酒造(本社福井県大野市要町、萩原敦士社長)は、東京都中央区銀座6丁目に、日本酒しゃぶしゃぶ専門店「悠久乃蔵」をオープンした。昼間は、こうじを使った「糀ドリンク」を提供するカフェとして営業し、女性客をターゲットに美肌効果をアピールしていく。

 店舗面積は約80平方メートルで席数は45〜55。しゃぶしゃぶには源平酒造の本醸造酒や純米酒などを使用。日本酒を沸騰するとアルコールが飛び、うまみ成分のアミノ酸が引き出され、肉のおいしさが引き立つという。肉は、こうじを食べさせて飼育した豚を使っている。

 日本酒鍋に入れるトッピングとしては酒かす、こうじ、ココナツオイル、グリーンカレーなどがある。前菜や野菜盛りなどが付いた「日本酒しゃぶしゃぶセット」は1人前3900円(税込み)。

 ランチメニューも用意し、昼間は「糀カフェ」として営業。こうじ(甘酒)とコーヒーをブレンドした「糀ラテ」、こうじと豆乳を合わせた「糀ソイラテ」などオリジナルメニューが並ぶ。

 萩原社長(44)は「国内外の観光客らに日本酒や、こうじをアピールできる場所として銀座を選んだ。酒造りの文化、日本酒の素晴らしさを伝えていきたい」と話している。

関連記事
あわせて読みたい