住宅街の公園で草を食べる2頭の馬=6月23日午前8時すぎ、福井県勝山市(提供写真)

 6月23日午前8時ごろ、福井県勝山市の住宅街で馬2頭が見つかり、「交通渋滞が起きている」と110番通報があった。近くの農家で飼われている馬と分かり、飼い主が約1時間半後に捕まえた。農家から約1キロの範囲を動き回ったとみられ、事故やけが人などはなかった。

 馬はともに体高1・5メートルほど。近くには勝山南部中学校や成器南小学校があり、県警勝山署員5人が警戒に当たった。住民も見守る中、公園に入って草を食べたり道路をうろついたりし、暴れることはなかった。

 近くの女性(19)は「びっっくりした。飼い主がいないようだし、(馬だけで)ここ(住宅街)まで来るかと思った」と、公園にいる馬の様子をスマートフォンで撮影した。

 飼い主の家族によると、電気柵で囲った畑から逃げ出したといい、「驚かせて申し訳ない」と話していた。

 
関連記事