映画『猫は抱くもの』初日舞台あいさつに出席した沢尻エリカ (C)ORICON NewS inc.

 女優の沢尻エリカが23日、都内で行われた映画『猫は抱くもの』の初日舞台あいさつに出席。約6年ぶりに映画主演を務めた同作の撮影を振り返り、「自分の役者人生のなかで大切な作品になりました」と目を潤ませた。

【動画】6年ぶり主演映画舞台あいさつで感涙した沢尻エリカ

 あす24日が犬童一心監督の58歳の誕生日ということで、沢尻、吉沢亮、峯田和伸、コムアイのキャスト4人から監督へ猫型のバースデーケーキをサプライズプレゼントした。その後、犬童監督からは沢尻へ手紙を贈るサプライズ返しが行われた。

 犬童監督からの手紙では、女優としての魅力や共に撮影できた喜びと感謝が伝えられたほか、「沢尻エリカは猫というより、サバンナを駆けめぐるチーターだと思います。顔も小さいし。優しさと馴れ合いは違う、そんな在り方を人は不器用と呼ぶかもしれませんが、女性が生きにくい時代に自分の在り方で立つその姿に、多くの女性たちが励まされることでしょう」という内容が読まれた。

 笑顔で犬童監督の言葉に聞き入っていた沢尻だったが、その後撮影の日々を振り返ると声を震わせ、「本当にいい現場で。お芝居ってただやるだけじゃなくて現場で、みんな作っていくものだと改めて感じました。うまく表現できないですが、それぞれが現場でいいものを作ろうって一つの思いを持っていたので、いい時間を過ごさせていただいた」と感謝。

 峯田も「こんな幸福な現場ってあんまりないと思うんですよ」と同意し、「主演の沢尻さんは女優だからっていう(態度)のでいいのに、現場で俳優部の一員だってことで、作品を作る一員として、沢尻さんのその姿勢に僕は感動した。だから、本当に僕も出てよかった」と称えていた。

 同作は、思った通りの自分になれず、投げやりな毎日に慣れてしまった“元アイドル”の沙織と“自分を沙織の人間の恋人だと思い込んでいる猫”良男が、自分らしい生き方を見つけていく物語。

関連記事