第98回全国高校野球選手権福井大会2回戦・丸岡―美方 四回裏美方、暴投で三走木村凌也が生還、1点を先制する=21日、敦賀市総合運動公園野球場

 第98回全国高校野球選手権福井大会第4日は21日、福井県内2会場で2回戦を実施。敦賀市総合運動公園野球場の第2試合は第4シード美方が丸岡を4—0で下し、2年連続の準々決勝進出を決めた。

 丸岡
 000 000 000…0
 000 300 01×…4
 美方

 ■丸岡 竹内侑大—中山晃平
 ■美方 後藤崇耀、中塚崇太—泊将平

 美方は四回、千坊朋和の安打などで無死一、三塁とし、相手暴投の間に1点を先制。さらに上山純季に適時打が飛び出すなど、リードを3点に広げた。八回には代打鳥山晃汰が中越えに適時三塁打を放ち、貴重な追加点。4点差で逃げ切った。

 先発した後藤崇耀が安定感を見せ、8回2/3を無失点の好投。最終打者を2番手中塚崇太が打ち取った。

 丸岡は何度か得点圏に走者を進めたが、あと一本が出なかった。先発竹内侑大は大崩れしなかったものの、やや制球を欠き、相手に付け入る隙を与えてしまった。

 美方は23日に予定されている準々決勝で、奥越明成と対戦する。

関連記事
あわせて読みたい