第98回全国高校野球選手権福井大会第4日は21日、福井県営球場と敦賀市総合運動公園野球場で2回戦6試合を行う。

 福井県営球場の第3試合(午後2時試合開始予定)では、第3シードの啓新に敦賀が挑む。啓新は初戦の科学技術戦で自慢の打線が爆発。本塁打あり、連打ありと14安打を放った。大会タイとなる1試合4二塁打を放った木下拓を筆頭に、上ノ山倫太郎、中井恭雅の中軸で計8安打と振れている。下位まで切れ目がなく、敦賀投手陣には脅威となりそうだ。

 先発した荒木開成は6回を被安打1、10奪三振と相手を寄せ付けなかった。

 対する敦賀は初戦の足羽戦で、0—3と劣勢の終盤に4点を奪いサヨナラ勝ち。劇的勝利を収めて勢いがある。守備も無失策と安定。早い回に先制して、投手陣を盛り立てたい。

 同球場の第1試合では若狭と福井高専(午前9時開始予定)、第2試合では金津と奥越明成(午前11時半開始予定)が対戦する。

 ■全試合打席ごとにD刊で詳しく速報

 福井新聞社は、有料電子新聞「福井新聞D刊」と携帯サイト「福井新聞モバイル」で全国高校野球選手権福井大会の全試合を打席ごとに詳しく速報する。プレー写真も随時掲載する。

 閲覧には会員登録が必要。申し込み方法は、インターネットで「福井新聞D刊」を検索。ホームページ「福井新聞オンライン」では全試合のイニング速報のみ公開する。

関連記事
あわせて読みたい