海水浴客らにごみ拾いを手伝ってもらうサンタクロース姿のライフセーバーたち=18日、福井県高浜町和田の若狭和田海水浴場

 青いサンタクロースにふんしてごみ拾いをするイベント「ブルーサンタ」が18日、国際環境認証「ブルーフラッグ」を取得した福井県高浜町和田の若狭和田海水浴場で行われた。サンタにつられ、海水浴客らも一緒にごみを拾った。

 ブルーサンタは政府と日本財団(東京・旧日本船舶振興会)が立ち上げた「海と日本プロジェクト」などが、海の日に合わせて全国で開催している。同海水浴場では初めて。

 この日は午後4時から30分間、若狭和田ライフセービングクラブのメンバーら約10人が、青い帽子やTシャツを身にまとってごみを拾った。「ごみ拾いをしたい」とサンタに声を掛ける海水浴客も多く、協力して浜をきれいにしていた。

 京都府から家族と訪れた吉田琉晟君(小6)は「サンタや家族とごみ拾いするのは楽しい」と話していた。

関連記事
あわせて読みたい