第98回全国高校野球選手権福井大会1回戦・科学技術―啓新 四回裏啓新、中井恭雅が左越え本塁打を放ちホームイン、雄たけびを上げる=17日、福井フェニックススタジアム

 第98回全国高校野球選手権福井大会第2日は17日、福井県内2会場で1回戦を実施。福井フェニックススタジアムの第1試合は啓新が10—0(6回コールド)で科学技術を下し、2回戦へ進出した。

 科学技術
 000 000…0
 100 234x…10
 啓新

 ■科学技術 宮川敬梧、内田康平—小栗百大郎
 ■啓新 荒木開成—中井恭雅

 ▽本塁打 中井(啓新)

 啓新は一回、1死二、三塁から上ノ山倫太郎の内野ゴロで先制。四回には中井恭雅の左越え本塁打などで2点を追加。試合を優位に進めた。五回には木下拓、上ノ山、中井の3連打などで、さらに3点。六回も攻勢を緩めず、コールド勝ちを収めた。打線は計14安打と爆発した。

 先発荒木開成は6回を被安打1、無死四球と圧巻の投球。10三振を奪い、相手に付け入る隙を与えなかった。

 科学技術は二回に4番内田康平が放った右前打が唯一の安打。相手エースの前に沈黙した。先発宮川敬梧、2番手内田とも、相手の勢いを止められなかった。

関連記事
あわせて読みたい