記者会見する大阪府高槻市教委の平野徹教育管理部長(中央)ら=22日午後、高槻市役所

 大阪府北部地震で高槻市立寿栄小4年三宅璃奈さん(9)が倒壊したブロック塀の下敷きになり死亡した事故で高槻市教育委員会は22日、寿栄小のブロック塀に関し、3年に1度の法定点検が2013年度は未実施だったと明らかにした。平野徹教育管理部長は記者会見で「人災の可能性は否めない」と述べた。

 建築基準法上、問題がある疑いのあるブロック塀は大阪府や京都府、兵庫県などの多数の学校で見つかり、22日には埼玉県の県立学校と市町村立小中学校の約4分の1に当たる約350校でも判明。全国の学校で安全対策の動きが広がりそうだ。

関連記事