福井―巨人 6回巨人1死三塁、3失点目を許し、悔しがる福井先発のイム・テフン=福井市の県営球場

 ルートインBCリーグの福井ミラクルエレファンツは15日、福井県営球場で巨人3軍戦(丸住製紙協賛)を行い、3−4で2連敗。後期通算3勝7敗とした。巨人3軍との今季対戦成績は3勝3敗で全6試合を終えた。次戦は18日、富山県高岡市の城光寺野球場で富山と対戦する。

 巨人
 002 001 100…4
 000 100 002…3
 福井

 【評】福井は最終回に1点差まで追い上げたが、2失策が響いた。

 先発イム・テフンは5回1/3を投げて3安打、4四球、3失点。三回、四球や自らの悪送球で無死一、三塁とされ、2安打などで計2点を先制された。六回は四球や盗塁などで1死三塁とされ、捕手中溝雄也の落球で追加点を献上。この回途中で降板した。継投した佐々木勝一は七回2死一、三塁から、適時打を浴びて失点。藤岡雅俊ら3投手は無失点でつないだ。

 打線は四回、荒道好貴の5号ソロで1点を返した。1−4の九回は、2四球と浜崎裕太の内野安打で2死満塁とし、甲川稔の中前適時打で2得点。なお一、二塁としたが、力尽きた。

関連記事
あわせて読みたい