新車の無資格検査や燃費などの検査データ改ざん問題を起こしたSUBARU(スバル)は22日、東京都内で定時株主総会を開いた。吉永泰之社長は「度重なる心配と迷惑をお掛けしていることをおわびする」と陳謝した。

 スバルは消費者の信頼を損なう不正が相次いで発覚し、新車販売が落ち込んでいる。吉永氏は冒頭、企業体質を変革し、再発防止策を徹底的に遂行すると強調した。

 吉永氏は総会を経て最高経営責任者(CEO)を辞任し、代表権のない会長に退く。中村知美専務執行役員が社長に昇格するが、新たな経営体制にも企業統治の在り方に厳しい注文の声が上がりそうだ。

関連記事