美方

 「決定力アップ」を目標に掲げ、近距離からの打撃練習などで速球への対応や選球眼を磨いた。春の北信越大会では終盤での走塁ミスや失策に泣いたが、甲子園出場を視野に「各自が自分の役割を果たし、チャンスを逃さない」と木村主将は気を引き締める。

 エースの左腕鳥山は、内外に正確に投げ分ける直球とスライダーが武器。緩急のあるカーブも織り交ぜて打ち取る。変化球の制球力を高めた中塚、球威のある直球が魅力の後藤も控える。

 攻撃は、選球眼が優れた先頭中村を足がかりに、しっかりと打線をつなぎたい。不調から抜け出そうと、腰が前に出るフォームを修正して挑む4番上山、左手の押し出しを意識したスイングで長打を狙う5番畑中がチームをけん引する。

部長北山 高明 
監督玉村 拓史 
投 鳥山 晃汰 左左 3 松 陵
捕 泊  将平 右右 3 高 浜
一◯木村 凌也 右左 3 小 浜
二 中村 健聖 右左 3 角 鹿
三 上山 純季 右右 3 粟 野
遊 千坊 朋和 右左 3 小浜二
左 角谷 悠介 右左 3 大 飯
中 前田  祥 右右 2 三 方
右 畑中 陸来 右左 3 小浜二
  中塚 崇太 右右 3 上 中
  後藤 崇耀 右右 2 高 浜
  井上 海斗 右左 3 松 陵
  江戸 康浩 右右 3 三 方
  山口 海聖 右右 2 高 浜
  窪  新太 右右 2 美 浜
  芝  大貴 左左 2 大 飯
  長 春之介 左左 3 上 中
  田邉 晋騎 右左 1 美 浜
  村中 聡太 右左 3 気 比
  大木 翔斗 右右 1 上 中
記録森  祐喜    3 三 方

関連記事
あわせて読みたい