羽水

 1回戦敗退だった昨秋と今春の雪辱に燃えている。「勢いに乗ると止まらない」(山口主将)という自慢の攻撃力を武器に挑む。

 打線は1〜9番、いずれも打力がある。八力監督が最も信頼を寄せる経験豊富な2番徳力、夏にレギュラーをつかんだ3番中山が鍵を握り、長打力のある4、5番の山本、佐々木につなげたい。

 投手陣は1年生右腕の佐藤、3年生右腕橋本の二枚看板。佐藤は投球術にたけ、スライダーを軸に打たせて取る。橋本はスライダーやフォークを低めに丁寧に突く投球が持ち味で、故障から徐々に復調している。課題の守備は失策も少なくなり安定してきた。

 山口主将は「どんな相手でも、粘り強く食らいついていきたい」と「一戦必勝」をモットーに夏へ強く意気込んでいる。

部長笈田 明彦 
監督八力 昌輝 
投 佐藤 義視 右右 1 鯖 江
捕 藤田 悠来 右右 2 朝 日
一 佐々木優一 右右 3 足 羽
二 徳力 耕平 右右 3 清 水
三 市川 大仁 右右 1 森 田
遊 長谷川 稜 右左 3 大 東
左 中山  陵 左左 3 明 倫
中 中嶋 見空 右右 2 清 水
右 山本 貴大 右右 2 国 見
 ○山口 真生 右左 3 明 倫
  橋本 雅也 右右 3 大 東
  斉藤 光貴 右右 3 安 居
  錦織 大晟 右右 2  棗 
  鈴木  徹 右左 3 足羽一
  津本 大智 右右 3 明 道
  葛野  遥 左左 3 足 羽
  中嶋 敬仁 右左 3 春 江
  岩佐京志郎 左左 1 藤 島
  川崎 大輔 右右 2 足羽一
  南部 駿太 右右 3 成 和
記録古市 琴美    3 足羽一

関連記事
あわせて読みたい