福井商業

 名門がノーシードから頂点を狙う。昨秋の北信越は準々決勝敗退でセンバツ切符を逃し、今春の県大会は1回戦負け。関主将は「悔しさを晴らすには、この夏勝つしかない。何が何でも甲子園に行く」と並々ならぬ闘志を燃やす。

 各打者ともスイングが鋭く、下位まで切れ目ない。中でも前チームから4番に座る関主将が打線の核。最も頼りになる主砲に、いかに得点機で回せるか。シャープな打撃が売りの1番森木と2番武藤、俊足巧打の3番中村らの出塁に期待が懸かる。

 投手陣の仕上がりも順調。長身のエース吉田は県大会から球速が伸び、140キロ台をマークする。2番手の石本はスピンの効いた直球が持ち味だ。センターラインを中心とした守備からリズムをつくり、主導権をつかみたい。

部長辻  博文
監督米丸 友樹
投 吉田 充輝 右右 3 開 成
捕 市橋 雅史 右右 3 万 葉
一 白崎  陸 右右 3 坂 井
二 森木太志朗 右左 2 武生二
三 川口加威斗 右右 3 武生三
遊 武藤 達哉 右左 3 宮 崎
左 寳閣 善樹 右右 3 足羽一
中 中村 天星 左左 3 開 成
右○関  龍摩 右右 3 南 越
  石本 太一 右左 2 南 越 
  森  尚斗 右左 2 角 鹿
  長谷川晃太郎右右 2 永平寺
  松倉 慶周 右左 3 永平寺 
  木下 風汰 右右 2 至 民
  藤田 大輔 右左 3 草 津
  村岡 憲汰 右左 3 尚 徳
  黒田 圭悟 右左 2 南 越
  坪川 敦貴 右右 3 松 岡
  吉田 直弘 右左 2 南 越
  小林 勇士 右右 3 明 道
記録前田 和輝    3 灯明寺

関連記事
あわせて読みたい