競歩の代表合宿でポーズをとる荒井広宙(右)ら=北海道千歳市

 リオデジャネイロ五輪の陸上競歩代表が8日、合宿先の北海道千歳市で練習の様子を報道陣に公開し、男子50キロで昨年の世界選手権3位の谷井孝行(自衛隊)は「いよいよ勝負。最高の状態でスタートラインに立ちたい」と五輪の競歩で日本勢初のメダル獲得へ意欲を示した。

 この日はフォームの確認などを行った。50キロで世界選手権4位の荒井広宙(ひろおき)(福井工大出身、自衛隊)は「チャンスがあれば3位以内を狙いたい。ベストを尽くす」と述べた。森岡紘一朗(富士通)は2012年ロンドン五輪で出した3時間43分14秒の自己記録更新を目指し「できれば入賞やメダルも見えてくる」と自信を漂わせた。

 20キロで五輪初出場の高橋英輝(富士通)と松永大介(東洋大)は終盤のペースアップへの対応に重点を置く。高橋は「疲労もあるが、厳しい練習を乗り越えていきたい」と話し、松永は「故障もなく順調にきている」と手応えをのぞかせた。

 女子20キロの岡田久美子(ビックカメラ)は「入賞か10番台を狙えるレースをしたい」と目標を掲げた。合宿は30日まで。その後は米国で最終調整し、8月7日にリオへ入る。

関連記事
あわせて読みたい