記者会見した藤川修執行役員(左)とNECの関係者ら=20日午後、東京都港区

 NECは20日、ITや画像解析といった分野で研究を進めた成果を新事業につなげるため、米カリフォルニア州シリコンバレーに子会社を設立すると発表した。現地のベンチャー企業や投資家と連携することで優れた技術を迅速に事業化し、中国などの新興勢力との競争で優位に立てる新たな成長の柱を育成したい考え。

 新会社は「NEC X(エックス)」。7月2日に活動を始める。NECの執行役員で新会社の最高経営責任者(CEO)に就く藤川修氏は、東京都内の記者会見で「NECの主力になる事業を育てる」と意気込みを語った。創出した事業価値の合計を2022年に1千億円とする目標だ。

関連記事