頭を切られた小学4年の男児が倒れていた現場付近の道路=19日午後9時13分、静岡県藤枝市

 静岡県藤枝市の路上で、市立高洲南小4年の男児(9)が刃物のようなもので切られ重傷を負った事件で、同小に侵入したとして建造物侵入容疑で現行犯逮捕された男=自称藤枝市=が「(自分が以前)いじめを受けていた」と供述していることが20日、捜査関係者への取材で分かった。県警は、男が18歳であることも明らかにした。

 県警は男が男児への切り付けに関与した可能性が高いとみており、経緯や動機を慎重に調べている。

 事件は19日午後3時50分ごろ、高洲南小から約300メートル離れた路上で発生。約20人で集団下校中だった男児が男に襲われ、頭部を切られる重傷を負った。

関連記事