大相撲で、本県出身力士が十両以上の関取まで昇進したのは両国国技館開館以降、元小結大徹(大野市出身)を筆頭に過去8人。このうち福井市出身は4人。最古は1901年初土俵の大緑。前頭三枚目まで上った。以後、梅の花、福井山、福ノ海が関取となったが、三役力士はいない。

関連記事
あわせて読みたい