選手を集め、雨天中止を伝える田中雅彦監督(中央左)=富山県の高岡西部総合公園野球場

 6月19日に富山県の高岡西部総合公園野球場で予定されていたルートインBCリーグ、福井ミラクルエレファンツ対富山GRNサンダーバーズ戦は雨天中止になった。振り替え日程は未定。前戦で前期優勝へのマジックナンバー「1」を点灯させ、勝てば3年ぶりの前期優勝が決まる一戦は持ち越しとなった。

 試合開始1時間前の午後5時ごろから大粒の雨が降り出し、午後6時に中止が決まった。選手を集めた田中雅彦監督は「恵みの雨になるように、調整し直そう」と気を引き締めさせた。

 試合前は打撃練習やシートノックで軽快な動きを見せていた福井の選手たち。木下裕揮主将は「いい汗をかけた。万全の状態に仕上げて、前期最終戦に挑みたい」と気持ちを新たにした。

関連記事