第98回全国高校野球選手権福井大会の組み合わせ抽選会=1日、福井市の県生活学習館

 第98回全国高校野球選手権福井大会の組み合わせ抽選会が福井県生活学習館(福井市)で開かれ、30校の対戦が決まった。

 今春のセンバツに出場した第1シードの福井工大福井は18日の2回戦(福井フェニックススタジアム、午後0時半試合開始予定)で、武生商業—勝山の勝者と対戦する。

 福井工大福井の谷本甲仁主将は「目標は甲子園出場。一戦一戦、どんな勝ち方でもいいから、今年こそ夏の甲子園へ行きたい」と力を込めた。センバツ1回戦で対戦した智弁学園が全国制覇したことに触れ、「日本一のピッチャー、日本一のチームと対戦し、自分たちの足りない点がいっぱい見つかった」。練習で修正に励み、春の県大会で優勝、夏を迎えた。

 夏の大会では「チャンスのときこそ、後ろにつなぐ意識を持ってやっていきたい」。チームの持ち味のバッティングで2014年以来の夏の甲子園出場を狙う。

 開幕試合を戦う武生商業の内田知希主将は、「自分たちが一番最初に試合ができる。この大会の流れを作っていきたい。自分たちは守備を大事にしているチーム。守備からリズムを作って、攻撃につなげたい」

 対する勝山の福嶋岳斗主将は「機動力を生かした練習をしてきた。しっかり生かしてまず1勝したい」と話し、初戦を勝てば2回戦で顔を合わせる福井工大福井には「春の大会2回戦で対戦している。リベンジしたい」と闘志を燃やした。

関連記事
あわせて読みたい