第39回福井マラソン(福井新聞社、福井市、福井陸協主催、特別協賛・富士通)の申し込み受け付けが1日から始まる。大会は10月2日に行われ、5キロ、10キロのほか、昨年実施されなかったハーフ公認・一般が復活する。

 福井鉄道福武線・市役所前電停近くのフェニックス通りをスタートし、福井運動公園西側の外周に設けたゲートをフィニッシュとする日本陸連公認・福井新聞マラソンコースで行う。中心市街地を駆け抜ける都市型コースで、直線距離が長く道幅が広い。アップダウンも比較的少なく記録を狙いやすい。

 ハーフ(21・0975キロ)、10キロ、5キロの3コースで、男女別、年代別に計34部門がある。5キロでは男女別のチーム対抗もあり、個人種目とともにチーム戦も楽しめる。

 開会式は福井地裁前の交差点付近のフェニックス通りで実施。午前9時のハーフ公認を皮切りにスタートする。制限時間はハーフが2時間30分、10キロが2時間、5キロが50分。表彰式は各種目終了後に同運動公園で行う。

 全ランナーに大会オリジナルのミズノ製スポーツタオルを贈る。完走証には公式記録、実測記録、目標タイム、部門順位、距離別の総合順位、昨年の記録(前回出場者のみ)を記載。芦原温泉旅館のペア宿泊券や県内特産品などが当たる抽選会もある。

 申し込みはインターネット、携帯サイト、郵便振替や福井新聞社の本社読者センター、県内支社・支局で受け付ける。インターネットと携帯サイトは8月31日まで、郵便振替と福井新聞社持ち込みは同24日まで(消印有効)。中学・高校生は保護者の同意が必要。中学生は5キロのみ参加できる。

 参加料はハーフ、10キロ3700円、5キロ3200円。中高生はすべて1600円。チーム対抗は個人参加料に加え、1チーム3千円が必要。

 問い合わせは福井新聞社事業局内の福井マラソン大会事務局=電話0776(57)5180。

関連記事
あわせて読みたい