6月14日に開かれたオリエンタルランドの記者会見には、ミッキーマウスとミニーマウスも駆け付けた(撮影:大澤 誠)

「この舞浜地区を、すべてのゲストが楽しむことができる世界のどこにもないテーマパークへと進化させる」。東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランド(OLC)の加賀見俊夫会長兼CEOは高らかにそう宣言した。

3つの映画を題材にした新エリア

 

6月14日、OLCは東京ディズニーシー(TDS)を拡張すると発表した。東京ディズニーランド(TDL)とTDSに隣接する駐車場を転用し、4つのアトラクションで構成される新エリアと、最上級の部屋を有するパーク内ホテルを新設する。いずれも2022年度中の開業を目指す。

今回の大規模拡張プロジェクトの総投資額は2500億円。2001年のTDS開業時に投じた3350億円に次ぐ規模で、OLCにとって巨大な投資となる。

新エリアの全景。アラビアンコーストとロストリバーデルタの間の通路から接続される(画像:オリエンタルランド)

新エリアのテーマは、「魔法の泉が導くディズニーファンタジーの世界」。大ヒットした『アナと雪の女王』をはじめ、『塔の上のラプンツェル』、『ピーター・パン』という3つのディズニー映画を題材に、世界のディズニーテーマパークで唯一の「海」をテーマとしたTDSならではの魅力を高めるエリア、アトラクションが新設される。

OLCの上西京一郎社長は今回の拡張で、「売上高で年間500億円レベルの押し上げ効果を見込み、連結売上高は5000億円台半ばから後半に到達する」と説明。集客増と客単価の上昇により、直近の2017年度の4800億円弱から大きく売り上げが増えるという見通しを示した。

■東洋経済オンラインの関連記事■
OLC「ディズニーランドそばに独身寮」の狙い
「イクスピアリ」の飲食事業が買収される理由
4番目の「ディズニーホテル」はなぜ安いのか

関連記事