福井―石川 7回途中から登板し好投を見せた福井の岩本輝=18日、福井県坂井市の三国運動公園野球場

 ルートインBCリーグの福井ミラクルエレファンツは6月18日、福井県坂井市の三国運動公園野球場で石川ミリオンスターズと戦い、5―1で勝利した。信濃グランセローズが引き分けたため首位に浮上し、前期優勝へのマジックナンバー「1」が点灯した。前期最終戦となる次戦は19日午後6時から、富山県の高岡西部総合公園野球場で富山GRNサンダーバーズと戦う。福井が勝つと3年ぶりの前期優勝が決まる。

石川
000 000 100…1
100 001 03x…5
福井

 【評】福井は新加入の神戸文也が6回無失点と好投した。岩本輝の好救援も光り、接戦をものにした。

 打線は一回、松本友の右前打などで2死二塁とし清田亮一の左前適時打で幸先よく先制した。六回は2死一、三塁から須藤優太の左前適時打で加点。2―1の八回には西和哉、須藤の適時打などで3点を加え突き放した。

 先発の神戸は6回を投げ四球は一つ。外角の直球を軸に組み立て、ストライク先行で抑えた。七回は日下部啓太が失点したが、継投した岩本が1死一、三塁を二ゴロ併殺で切り抜けた。

関連記事