高校生の孫のことです。約1カ月前に自宅で過呼吸になり、けいれんを起こしました。そして最近、部活中に同様の症状になり、救急車で運ばれました。数カ月前には部活中に突然倒れたこともあります。血液検査をしましたが異常はなく、心療内科を受診しても特に疾患は見つかりませんでした。学校も部活も楽しく行っているようなのですが心配です。(嶺北地方、70代女性)

 【お答えします】今村久司・福井赤十字病院神経内科副部長

 ■繰り返すなら「てんかん」の可能性

 お孫さんの症状ですが、過呼吸の後にけいれんを起こしたことが、約1カ月空けて2度あったのですね。けいれん発作を繰り返す病気としては「てんかん」があります。

 てんかんで全身のけいれんを起こしたのであれば、意識が悪くなる場合が多いです。白目をむいて、泡を吹いていたのであれば、てんかんの可能性がより高まります。

 けいれん自体は数分で治まります。舌をかんだり、けがをしたり、失禁する場合もあります。発作後寝てしまったり、頭痛がしたりすることも多いです。てんかんで起こる発作は人それぞれですが、同じ発作を繰り返します。

 けいれん発作の様子を詳しく聞くことや脳波検査、頭部のCTやMRIの検査を受けることで、てんかんかどうかの診断がつくと思います。

 ■詳しい問診、検査が必要

 専門的になり恐縮ですが、過呼吸だけでも手足が突っ張ることもあり、てんかんと間違われることがあります。過呼吸は不安やストレスなどが原因になる場合が多いので、精神科や心療内科で診てもらうことになります。ただ、過呼吸をきっかけに、てんかん発作を起こすことがあるので注意が必要です。てんかん発作の様子を観察したり、脳波でてんかんの波形を見つけたりするために、わざと過呼吸をすることもあります。

 前述の通り、詳しい問診や検査によって、てんかんを診断します。治療は内服治療が中心ですが、人によっては手術によって改善することもあります。てんかんですと、学校生活だけでなく今後の自動車の運転などにも関わります。特に女性は将来の妊娠や出産にも関わってきます。

 いずれにしても神経内科、脳外科、精神科などを受診されると良いでしょう。てんかん診療ネットワークのホームページ(https://www.ecn−japan.com/)を参考にしてみてください。

関連記事
あわせて読みたい