福井―石川 7回福井2死一塁、逆転の2点本塁打を放った中溝雄也(左から2人目)が生還し、ハイタッチする=26日、福井県越前市の丹南総合公園野球場

 ルートインBCリーグの福井ミラクルエレファンツは26日、福井県越前市の丹南総合公園野球場で、石川と対戦し、5−4で逆転勝ち。2戦目で後期初白星を挙げた。次戦は7月1日、松本市民野球場で信濃と対戦する。

 石川
 000 211 000…4
 001 002 200…5
 福井

 【評】福井は終盤に中溝雄也の逆転2ランで試合をひっくり返し、後期初白星を飾った。

 打線は3点を追う六回、片山雄哉の安打と盗塁で1死二塁とし、中溝の適時打と押し出しを含む3連続四球で1点差に詰め寄った。七回には、片山が四球を選び2死一塁とし、中溝の逆転1号2ランで試合を決めた。

 投手陣は5投手が登板。計14安打を浴びて毎回走者を背負ったが、要所でなんとか踏ん張った。先発武田征也は4回2/3、3失点。2点を追う六回に継投した内藤久文は、2安打で1死一、三塁とされ、適時二塁打で失点した。七回からは藤岡雅俊、戸田亮が無失点リレー。勝ち越した1点を守り抜いた。

関連記事
あわせて読みたい