福井県の西川一誠知事(左)と意見交換する原子力規制委の更田豊志委員長=18日午前、東京都港区

 原子力規制委員会の更田豊志委員長は18日、福井県の西川一誠知事と都内で意見交換した。意見交換は、高速増殖原型炉もんじゅ(福井県)の廃炉作業開始に先立ち地元の要望を聞くために設定されたが、西川氏は規制委への批判を展開。「審査(の進め方)は時間的観念が乏しい。審査が滞ると地元は中途半端な状況に置かれ、対応がとれずに迷惑している。現場から離れた東京での書類審査が中心になっている」と述べ、審査が遅いなどと指摘した。

関連記事