サウルコス福井―坂井フェニックス 前半28分、サウルコスの小林誠(左から2人目)が先制のヘディングシュートを決める=福井県敦賀市総合運動公園陸上競技場

 サッカー北信越リーグ1部は6月17日、各地で第5節4試合を行った。福井県勢対決はサウルコス福井が坂井フェニックスを5―0で下し開幕5連勝。得失点差でアルティスタ浅間(長野)を上回り、首位に再浮上した。坂井は通算2勝1敗2分けで、4位を維持。

 サウルコスは前半28分、MF小林誠が左FKを頭で合わせ先制。後半29分にFW山田雄太、37分にFW松尾篤がゴール。さらに松尾がPKを二つ奪って突き放した。

 坂井は前半押し込むが得点できない。後半はMF渡邉優希がミドルシュートを放つもGKの正面となるなど決めきれなかった。

 次節は24日、サウルコスがJAPANサッカーカレッジ(新潟)と坂井市のテクノポート福井スタジアムで、坂井がアルティスタ浅間(長野)と同市の丸岡スポーツランドで対決する。

関連記事