【10年前のきょう・2008年6月18日】高校生に福井梅への理解を深めてもらおうと、ウメ生産者や行政、JAでつくる福井ウメ振興協議会は十八日、福井市の福井農林高でウメ利用講習会を開いた。生徒らはもぎたての福井梅を使い、ウメジャムとシロップの作り方を学んだ。

 同協議会は二年前から市内の高校で講習会を開き、福井梅を若い世代にPRしている。今回は同校生活科学科の一、二年生約七十人が受講した。

関連記事