福井の旧名北ノ庄の「北」と福ノ井の「井」を組み合わせた現在の市紋章は、市制施行から36年目の1925年に制定された。懸賞金30円で市内外から公募。計345点の応募があり、南条郡神山村の小学校教諭の作品が選ばれた。市会には「北は逃げるとも読む。井戸の中に逃げ込むような図案は適当でない」と反対意見もあったが、賛成多数で可決、正式決定した。

関連記事
あわせて読みたい